マイスリーとは

 
 
 
 
マイスリーは非ベンゾジアゼピン系に分類され、2000年から販売が開始された
比較的新しい睡眠薬です。
 
マイスリーの特徴としては「超短時間型作用」の睡眠薬で、効き目が非常早いです。
 
 
飲んで15分後には眠気がきて、効き目のピークは1時間後くらいです。
 
 
飲んでからの効き目が早いため、入眠障害など、寝つきが悪い方や
中々眠れない方に相性の良い睡眠薬です。

 
 
しかし、3〜5時間経つと効果が切れてしまうため、途中で頻繁に目が
覚めてしまう中途覚醒の方や、早くに目が覚めてしまう早朝覚醒の方には合わないです。

マイスリーの副作用は?

マイスリーで眠れるようになるのは、GABAという脳の働きを抑制
せるものを強める効果があるからです。
 
つまり、脳の働きを落ち着かせて眠くなるようにするんですね。
 
 
睡眠薬にはベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系があり、どちらも副作用が抑えられており、不眠症患者などに定評があります
 
非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン系の改良し、
より副作用を抑えた睡眠薬となっていて、あまり副作用はないと言われています。
 
 
つまり、非ベンゾジアゼピン系であるマイスリーも副作用はあまりないということになります。
 
しかし、マイスリーには少なからず副作用があるので、安心して飲むのは危険です。
 

 
マイスリーで副作用が出たという報告も多数あります。
 

マイスリーの副作用

依存症状

 
睡眠薬なしではダメな状態になり、マイスリーを飲まずしてはいられないようになる。
 

錯乱症状

 
感情や考えが混乱し、興奮して意味のない行動を起こしたりする。

離脱症状

 
服用を中断しても、イライラが収まらなかったり、睡眠障害が再発する。

肝機能障害

肝機能を悪化させることもあり、肝機能障害を持っている方はより重度の病気になる可能性もある。
 

夢遊行動

眠っている間に勝手に行動を起こし、その間の記憶がないことが起こりうる。
 
 
このように、マイスリーには副作用が少なからず起こる可能性があり、
何も気にせず飲みすぎてしまうのはとても危険な行為です。
 
 
特に耐性や依存性がついてしまうと、マイスリーから抜け出せなくなってしまうので、しっかりと用法容量は守って適度に使用していく必要があります。
 
お酒(アルコール)を服用中に摂取するのは副作用を高める飲み合わせとなるので絶対にやらないほうが良いです。
 
 
これはどんな睡眠薬でも一緒で、注意喚起はされているはずです。
 
 
お酒(アルコール)はマイスリー、お酒の効果や作用をお互いに高めてしまい、お酒とマイスリーのもつ耐性や依存性を助長させてしまうのです。

 
 
また、血中濃度も高まってしまうので、これはとても大きな問題となっています。
 
マイスリーを使用する場合は、こういった副作用についても考えることが大事です。